このページの本文へ移動

NTTメディアサプライ (NTT MEDIAS)

文字サイズ

ニュース&トピックス

『びわ湖 Free Wi-Fi』におけるワイヤレス型公衆無線LANの実証トライアルについて~琵琶湖汽船航路でのフリーWi-Fi 整備~

 琵琶湖汽船株式会社(滋賀県大津市 代表取締役社長 川戸 良幸)とエヌ・ティ・ティ・メディアサプライ株式会社(大阪市北区 代表取締役社長 染川 和彦、以下「NTTメディアサプライ」)、ビッグローブ株式会社(東京都品川区 代表取締役執行役員会長兼社長 中川 勝博、以下「BIGLOBE」) は、滋賀県を訪れる国内外の観光客の利便性向上を目的に、新たにワイヤレス型の公衆無線LANの実証トライアルを実施します。
 本トライアルは、公衆無線LANサービス「びわ湖 Free Wi-Fi※1」の整備促進を推進する、滋賀県無料Wi-Fi整備促進協議会※2の 取り組みに資する施策であり、これまで観光地の中でも、特性上、困難であった船上でのWi-Fiサービスの提供を目的に、新たにワイヤレス型の屋外Wi- Fi設備を整備し、その有用性について検証を実施するものです。なお、このたびの実証トライアルに於いては、BIGLOBEがSIMカード※3を提供し、 モバイルアクセスポイントの利用割合、および発生データ量を検証します。
※1:「びわ湖 Free Wi-Fi」とは、共通SSID「Biwako_Free_Wi-Fi」を通じてWi-Fiインターネット接続が無料となる滋賀県内で利用可能な公衆無線LANサービス
   です。
※2:滋賀県無料Wi-Fi整備促進協議会とは、公共施設などでのインターネット利用を容易にする公衆無線LANの県内での整備を加速させるために滋賀県および県内
   民間企業等が発足させた協議会です。(発足日:平成27年7月15日(水)、会長:三日月大造 滋賀県知事)
※3:SIMカードとは、固有のID番号が登録されたICカードで、スマートフォンやタブレット等の端末を識別するためのものです。


1.実施概要
   現在、琵琶湖上を周遊する観光遊覧船にワイヤレス型のWi-Fi設備を設置し、船上における観光客の利便性向
  上を目的として、実用化に向けた検証を行います。

  (1)実施期間
     平成27年8月8日(土)~平成27年9月30日(水)

  (2)実施場所
     琵琶湖汽船株式会社が運航する船舶内(7隻※4

  (3)トライアル内容
     ワイヤレス型の屋外Wi-Fi設備による無料インターネット接続※5の提供および効果測定
  ※4:ミシガン、ビアンカ、megumi、リオグランデ、べんてん、インターラーケン、ランシング(平成27年7月現在)
  ※5:利用可能範囲は周囲の環境等により異なりますが、アクセスポイントの周囲約30mです。同時接続できる端末数には制限があります。


2.今後の展開
   本トライアル期間終了後は、得られた知見を活用してワイヤレス型屋外Wi-Fi設置環境の評価を行い、実用化
  に向けた検討を行うことで、将来的には「びわ湖 Free Wi-Fi」を活用した地域活性化ならびに新たなICT利活用
  モデルの創出をめざします。

<本件に関するお問い合わせ先>
●琵琶湖汽船株式会社
 川﨑、松下
 TEL:077-522-4115
●エヌ・ティ・ティ・メディアサプライ株式会社
 Business Re-creation部 安藤、中村
 TEL:06-4709-0411
●ビッグローブ株式会社
 広報宣伝部 田中
 TEL:03-6479-5647

審査 MS広15-024